東北楽天ゴールデンイーグルス関連ニュース更新情報(随時追加中)

 東北楽天ゴールデンイーグルス選手・関係者・OBブログ更新情報(随時追加中)
 登録するブログは随時増やしていきたいと考えております。
 まだ登録していないブログがありましたらコメント欄にてお知らせ頂ければ幸いです。
 (技術的な問題でRSSを登録出来ていないブログも一部ございます。何卒ご了承下さい。)


 野球選手・関係者ブログ更新情報(随時追加中)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヤンキース・田中、21日に2度目のブルペン!18日には平地で変化球も投げた

田中将、調整進む=21日にブルペンで変化球―米大リーグ・ヤンキース
時事通信 8月20日(水)8時1分配信

 【ニューヨーク時事】右肘を痛めている米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が、20日(日本時間21日)にブルペンで変化球を投げることになった。19日、ジラルディ監督が明らかにした。
 田中将は16日にブルペンで直球のみ25球を投げた。18日には傾斜のない平地でスライダーとスプリットを5球ずつ投げ、投手コーチによると問題はなかった。19日は軽いキャッチボールを行い、段階を踏んで調整を進めている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000025-jij-spo

関連記事
ヤンキース・田中、19日変化球解禁!ジラルディ監督「状態いい」

マー君 21日に2度目のブルペン 18日には平地で変化球も投げた

 ヤンキースのジラルディ監督は19日、右肘を痛めて故障者リスト入りしているヤンキースの田中将大投手が故障後2度目となるブルペン投球を20日(日本時間21日)に行うことを明らかにした。順調に復帰へのステップを踏んでいる右腕はこの日、本拠地ヤンキースタジアムでのアストロズ戦前に約5分間の軽めのキャッチボールをこなした。

 ロスチャイルド投手コーチによると、田中将は試合がなかった18日にヤンキースタジアムを訪れ、故障後初めてとなる変化球を平地で投げたという。投本間ほどの距離で相手を座らせ、スライダーとスプリットを5球ずつ投じた。

 また、田中将は19日に球場を訪れた男子ゴルフのスター選手タイガー・ウッズ(米国)とダッグアウト裏で初対面し、あいさつを交わした。
(共同)

[ 2014年8月20日 09:09 ]

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/20/kiji/K20140820008778010.html



田中が本紙に語った「投球フォーム改造」
東スポWeb 8月20日(水)5時30分配信

【ニューヨーク18日(日本時間19日)発】右肘靱帯の部分断裂で故障者リスト(DL)入りしているヤンキースの田中将大投手(25)が、現在取り組んでいる投球フォーム改造について語った。右肘の負担をより減らすためのマイナーチェンジはテークバックの形や投球開始時の“構え”を変えるなど、目に見える変更点が多い。リハビリメニューをこなす中で何を意識しているのか。そして、目指す完成型とは――。“タナカの考え”を聞いた。

 田中は16日(同17日)にレイズの本拠地トロピカーナ・フィールドで、故障後初となるブルペン投球を行った。そのマウンドはまるで新投球フォームのお披露目会だった。右肘への負担を減らすために、右腕の軌道に修正を加えたようでテークバックがコンパクトに見える。本紙が気になったのはノーワインドアップで投げる際の“構え”だ。これまでとは明らかに違っていた。

 DL入りする前までは捕手に正対していたのに対し、体をやや三塁方向に向けて投球動作を開始する形に変更したのだ。田中によれば、この形に至ったのは自然の流れだったという。

「(右腕の)テークバックに入る前で、今一番しっくりくる形ということです」

 故障直後から投球フォーム改造の必要性を説いていた田中は投球再開後のキャッチボールなどで、右腕の動きを常に意識してきた。特にボールをリリースするまでのテークバックを重視。リハビリ中はこれまで3度にわたって投球中の様子を動画撮影しチェックしたが、全て投球動作の背後、つまり右腕側から撮った映像だ。いかに負担をかけずに、スムーズにテークバックに入れるか。今回披露した新たな“構え”はそのポイントまでの動きを逆算して誕生した。

 だが、これで完成としないのが、向上心の塊であるこの男。最終的にたどり着こうとしているのはフレキシブルな投球フォームだという。

「僕はその日によってしっくりくるのが変わるんですよね。(走者なしでも)セットで投げることはないですけど、前の形(捕手と正対するノーワインドアップ)に戻すこともあり得ますよ」

 その日の体調に応じて形を変える――。そんな理想を田中は今季、セットポジションで実践してきた。開幕時から胸の前にグラブをセットする昨季と同じ形を取っていたが、メジャー初完封を飾った5月14日のメッツ戦(シティ・フィールド)からはおなかの前に変更。さらに、右肘を痛めた先月8日のインディアンス戦(プログレッシブ・フィールド)では再び胸の前に戻した。

 今季の試合後、田中は勝利投手になったにもかかわらず何度も「全然、良くなかったですね」と不満を口にしている。その言葉に加えて、度重なる変更を目の当たりにすると、セットポジションでの投球が定まっていないようにも見える。

 だが、田中によれば、むしろ逆だ。その時の体と相談して“しっくりくる”方を採用してきたのだという。新フォームになった現在は胸の前でセットして投げているが、これについても「しっくりくる方に変えるだけです」と柔軟な姿勢だ。

 田中の頭の中には常に数種類の投球フォームが存在する。これまで試合のマウンドでは、その日の調子によってフォームを変更することで安定した結果を残してきた。そこに、メジャーの中4日の登板間隔や右肘の故障など初の経験が加わり、さらに進化。投球を開始する際の“構え”さえも変更の対象となった。

 9月上旬のメジャー復帰を目指す田中は19日(同20日)にも平らなグラウンドでのキャッチボールで変化球を解禁する。“引き出し”を増やした田中がどんな投球を見せるのか。今からその日が楽しみだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000001-tospoweb-base



ブルペン入りマー君 フォーム改造の裏に松井流「プラス思考」
日刊ゲンダイ 8月19日(火)15時7分配信

 右肘靭帯部分断裂からの戦列復帰を目指す田中将大(25)。ヤンキースでは田中の先輩にあたる松井秀喜はかつて、左手首を骨折した際、打撃フォームに手を入れた。

 ただ、骨がくっつくのを待っているだけでは復帰しても現状維持。だったら復帰するまでの数カ月間を有効に使い、レベルアップして戦列に戻れないか。そう考えて打撃フォームを見直したのだ。

 メジャー特有のツーシームをとらえる確率を上げるためには、より下半身を安定させる必要がある。そうやって生まれたのが、ガニ股気味に構える打撃フォームだった。その結果、復帰戦は4安打。3年後の09年に獲得したワールドシリーズMVPは、左手首骨折を糧にした結果でもあった。

 その松井を尊敬する田中が去る16日(日本時間17日)、故障後、初めてブルペンで投球練習をした。以前と比べ、投球時のテークバックが小さくなった。

 これまでと同じフォームであれば、再び肘を痛めたり、患部を悪化させる可能性がある。だからこそ肘に負担のかからないフォームを模索中なのだろうが、それだけではない。

「打者がボールの出どころを見にくいフォームにしたいのでしょう」と放送関係者がこう続ける。

「田中のフォームをスタッフが動画で撮影していますからね。ボールの出どころをチェック、打者に分かりづらくすることで、パフォーマンスは確実に上がりますからね」

 故障を糧に、これまで以上に「勝てる投手」になって復帰しそうだ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140819-00000018-nkgendai-base


関連記事

テーマ : MLB
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

わしログ最新記事

[PR] 楽天イーグルスオンラインショップ
予告先発
予告先発
≫東北楽天オフィシャルサイト・試合情報
ブログ内検索
[PR] 楽天イーグルスオンラインショップ
カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 - - -

全記事表示

中の人

*

Author:*
管理人のブックマーク代わりのブログ。時間がある時にニュースとかを貼り付けます。深夜から早朝にかけての更新が多いです。
試合関係の記事の投稿は2回に分けて行います。1回目にはテーブルスコア、動画等付きの試合結果まとめを投稿(翌日0時過ぎ~未明の場合多し)、2回目には翌朝までの試合関連ニュースまとめを翌日午前中に投稿します。(遅れる場合があります。)
試合以外の選手等関連の個別ニュースは随時更新。
各記事の内容は投稿後随時追加、差し替えを行う場合があります。特に記事投稿当日は記事追加、増補が多いです。
当ブログは速報性よりも、後で読めるように多くのニュースを集積する事を重視しています。
なお、このブログは自然消滅します。

メールはコチラからお願い致します。

最新記事
人気記事ランキングTOP10
背番号10の皆様
カテゴリ
サブカテゴリ(タグ一覧)
選手・関係者一覧(敬称略・随時追加中)
監督・コーチ
77 星野 仙一
70 三輪 隆
71 佐藤 義則
72 森山 良二
73 鈴木 康友
75 酒井 勉
76 米村 理
79 大石 知宜
80 仁村 徹
81 沖原 佳典
82 田代 富雄
83 礒部 公一
84 高村 祐
87 益田 大介
89 平石 洋介
93 草野 大輔
95 大久保 博元

投手
1 松井 裕樹
11 塩見 貴洋
13 濱矢 廣大
14 則本 昂大
15 トラビス・ブラックリー
16 森 雄大
17 長谷部 康平
21 釜田 佳直
22 戸村 健次
24 高堀 和也
26 金刃 憲人
28 片山 博視
30 永井 怜
31 美馬 学
34 武藤 好貴
38 西宮 悠介
40 ブライアン・ファルケンボーグ
41 青山 浩二
44 斎藤 隆
45 川井 貴志
46 ルーク・ファンミル
47 大塚 尚仁
49 ライナー・クルーズ
53 相原 和友
54 横山 貴明
57 小山 伸一郎
58 辛島 航
59 菊池 保則
60 古川 侑利
61 上園 啓史
62 相沢 晋
64 福山 博之
90 宮川 将
99 今野 龍太
103 井坂 亮平
134 木村 謙吾
140 有馬 翔

捕手
8 内田 靖人
29 小関 翔太
37 嶋 基宏
39 下妻 貴寛
48 伊志嶺 忠
65 小山 桂司

内野手
2 三好 匠
4 後藤 光尊
6 藤田 一也
7 松井 稼頭央
9 ザック・ラッツ
20 ケビン・ユーキリス
33 銀次
43 小斉 祐輔
55 西田 哲朗
56 中川 大志
66 西村 弥
67 岩崎 達郎
68 仲沢 広基
00 阿部 俊人

外野手
0 森山 周
5 牧田 明久
23 聖澤 諒
25 アンドリュー・ジョーンズ
27 岡島 豪郎
32 枡田 慎太郎
35 島内 宏明
36 榎本 葵
42 ジョン・ボウカー
50 島井 寛仁
51 柿沢 貴裕
52 中島 俊哉
63 北川 倫太郎
133 神保 貴宏

過去在籍者 (50音順)
岩隈 久志
楠城 徹
田中 将大
山村 宏樹
横川 史学

球団関係者
会長兼球団オーナー 三木谷 浩史
取締役オーナー代行 井上 智治
球団代表取締役社長 立花 陽三
チーム統括本部長 安部井 寛
通訳 佐野 周平
ジュニアコーチ 広橋 公寿
ジュニアコーチ 山崎 隆広

月別アーカイブ
リンク


track feed わしログ - 東北楽天ゴールデンイーグルス
関連ニュースまとめ


  • SEOブログパーツ
Advertisement
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。